なす新規就農者募集

なす新規就農者を募集しています。(新規就農者研修事業)

 なす新規就農を希望される方に、なす塾による充実のバックアップ体制を用意しました!
 「新規就農サポートセンター」が窓口となり、プロになるための後押しをします!

クリックするとPDFが開きます。

JAあいち三河の新規就農研修を受けるメリット

  1. JAの「なす生産拠点農場」なす塾でのなすづくりの基礎研修、および先進農家のもとでのプロになるための実務研修のダブル研修体制
  2. 農地を借りたり、ハウスの確保をしたり、なす農家になる準備を「新規就農サポートセンター」が支援。非農家の方でも就農可
  3. 就農後も、JAと岡崎市(旧額田町含む)幸田町のなす部会により、栽培技術や経営のノウハウを伝授
  4. 研修費用は原則無料(県農大ニューファーマーズ研修費用は自己負担)

岡崎市・幸田町でなす栽培の魅力

  1. 優れた栽培技術があり、県下でも指定産地として登録を受ける、生産量・技術共に西三河トップの産地
  2. 露地栽培とハウス栽培での複合栽培が可能で、なすで年間を通じた収入確保もできる
  3. 歴史ある産地であり、品質の高さから売り先からの評価が高い

研修を受けるには

応募資格

 満18歳以上、健康でなすが好きな方、くわしくは、JAあいち三河なす新規就農者研修募集要領をご参照ください。

※就農時点で50歳未満の方は「農業次世代人材投資資金(準備型、経営開始型)」(年間最高150万円まで、最長7年間)の申請が可能です(注)。

研修期間・研修場所

 1年~2年 経験習得状況に応じて、研修期間を判断します。

令和4年 研修期間
開始時期 令和4年(2022)年4月から
研修場所 岡崎市・幸田町管内

(注)「農業次世代人材投資資金」は、青年(50歳未満)の就農意欲の喚起と就農後の定着を図るため、一定の要件を満たす方を対象として、国(農林水産省)から1人あたり年間最大で150万円を交付するものです。JAは制度利用を支援します。
 条件によっては対象とならない場合があります。詳しい内容については以下のページでご確認ください。

研修内容

研修内容
項目 内容
基礎研修 [生産拠点農場]
 なす塾での生産・出荷の実践、生理生態、品種特性、肥料・農薬、基礎的な栽培技術、新しい資材や技術の試験調査
[県農大ニューファーマーズ研修]
 未経験者は農業基礎を受講
[先進農家研修]
 就農後の対応力を上げるため、さまざまな栽培方式の先進農家で短期の体験実習
営農実務研修 就農する地域や栽培方式に近い先進農家での実務研修
就農に必要なノウハウ全般(栽培、収穫、箱詰め等の出荷調整技術など)
経営研修 施設投資、税務申告等の経営に必要な基礎知識
就農準備 農地取得、資金調達など、就農に必要な知識と手続き
視察、交流 部会(組合)の研修会や共同作業への参加
他産地や試験機関等の視察などの研修参加

※受講者の経験値に合わせた研修カリキュラムを、新規就農サポートセンターが調整します。

応募方法

 所定の書類に必要事項を記載し、新規就農サポートセンターまでEメールか郵便で送付いただくか、当JAの窓口までご持参ください。
※直接持参の場合は9時から17時まで

  1. 所定の研修受講申込書
  2. 所定の履歴書

(1)(2)の提出書類については、下記よりダウンロードしてください。

必要書類

募集期間

毎年4月より受付開始
10月末日までにお申し込みください。

※事前相談など詳しくは、新規就農サポートセンターで随時対応します。

問い合わせ先

JAあいち三河 新規就農サポートセンター
担当部署:営農企画部 営農企画課
〒444-0213 岡崎市坂左右町字葦ノ部18-1
0564-55-2994
お問い合わせ、申し込み メールアドレス:einoukikaku@ja-aichimikawa.or.jp

■スマートフォンから同ページをご覧になりたい方は、QRコードからアクセスください